fc2ブログ

まさぐられる屈辱

あの耐えがたき感触と屈辱。

検診で検便をうけたら血便が出ました。
まあ恒常的な痔なので、それが引っかかったんだろうなと。

そんでひさびさに大病院に行って詳しい検査を受けることに。
検診したところにその設備がなかったのでね。

数年前一時的に難聴にそれを調べに行って以来ですな。

それで大腸内視鏡検査というものを受けることに。
初回は説明を受けるだけ。
それで1週間後に検査を受けることになりました。

この検査は、前準備が面倒くさい。
2日前から準備をしないといけません。

2日前は朝はパンだったか?お昼はソバ屋でかけうどん。本当に何も具が入ってないんだなと。そりゃいいとして、七味を入れられないのがきついね。夕飯はうどん。

一応病院でコロミルという、受診前日の昼食、夕食がセットになったものを買ったけど。
前日は朝はカステラとバナナ。昼はスティックパン、あの100円で6本入っているやつね。それにバナナ。夕飯はコロミルのおかゆとハンバーグか。

コロミルの昼が余ったけど、受信日の昼飯に食べました。

受診日は、朝6時に常飲している薬を飲む。7時からモビプレップという2Lの下剤を仕込むのですね。最初の1Lは、意外といけるじゃんと飲んでいました。残り1Lで溶け残っていたことが発覚!それを溶かしたらめっちゃ濃くなって激マズに。

この下剤を飲んでゲーゲー行くかと思ったそうでもなく。コップ2杯1セットで1回便通がある程度。そんなもんなのかとあっけにとられましたな。まあ軟便体質で下痢はしょっちゅうなので、抵抗がなかったのか?

それで昼から受診。あの下剤のせいか、空腹感がなく、出し切った感じもない。これでいいのか?

ついに台に上がる。腕に鎮痛剤は打ったらしく、肛門以外に痛みはない。
しかし、肛門をまさぐられるのは何物にも代えがたい屈辱ですな。あの数年前痔瘻で肛門科に駆け込んだとき以来の、あの如何せんともしがたい屈辱感。それが恥ずかしさより痛さだったことに改めて気づくわけです。

しかし、痔主なので肛門に何かが通ることにすごく敏感になる訳で。声を出さないでとか言われて、出さずにいられるかってんの!あのう○こが漏れそうな感覚が続くのね。もう出ないと言っても、出そうな感覚が続くのは不思議ですな。

結局、左側を向く通常の体制ではなく、足を組んで仰向け体制で取った訳です。肛門にゼリーを塗ったらしく痛みは減りましたが。

大腸の方は無事だったみたいですが、痔の方を調べてもらうことに。
結局、う○こするときに力を入れすぎているのが良くないということでした。
それで終わり。

昼はコロミルにしましたが、夕飯は普通に食べました。刺激物はダメらしいけどね。
健康第一ですな。まったく。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kikulandiargo
kikulandiargoです。

カレンダー(月別)
04 ≪│2024/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク