FC2ブログ

第2417回「誕生日の悲しい思い出」

たいがいロクなもんじゃない。

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の東條です今日のテーマは「誕生日の悲しい思い出」です9月は東條の誕生日があります誕生日は毎年、家族がお祝いをしてくれるのですが、ある年、誰も家にいなくて、家族みんなが私の誕生日を忘れてて、友達からも誕生日メールが少なくて、悲しくて悲しくて泣いた時がありますあまりに泣いたので、それからは家族が必ずお祝いをしてくれますもういい年なのですが、やはり誕生日をお祝いして...
第2417回「誕生日の悲しい思い出」


年を取ると誕生日ってうれしくないよね。

まあ、何はともあれ今年もTOP'Sのチョコレートケーキを買うつもりです。あれこそ年に1度で良いですよね。

最近の誕生日はあまり良い出来事が多くないんだけどね。

思い出したくもない忌わしい誕生日が2回あります。
数年は前の話なので、記憶が定かではない。いや、忌わしい事なので余計に記憶があやふやなんでしょうね。

1つ目はね。部屋で作業をしていたんでね、誕生日だから早く帰らないとと言う気持ちだけ焦ってね。他の人はどこか飯食いに行ってしまってね。1人残った私はなんか変なテンションになってね。まあキボクラみたいな感じというかな。

戻ってきた他の人は私の異変を見てか知らないけど、まあ私は帰ることにしたんだね。
家に帰ると、暗い部屋にケーキが置いてあって、それを食って誕生日であることをかろうじて思い出したんだね。
まあ、あのころはいろいろおかしかったのかもしれない。

2つ目はね、雨の降る日でね、局めぐりに行ったんだね。

ある施設の中の簡易郵便局に行こうとしたんだね。受付の人は良いって言ってくれたんだが。次の守衛氏に場所を聴いたらさ、何故か追い返されたんだよね。別には入っちゃいけない所でもないはずなんだが。
雨の降る日だったからさ、余計に後味の悪さを感じたね。

ちなみにその局はもう閉鎖されているかと思う。その数年後に、正面とは別に入口があり、そこへの通路を見つけたのね。その裏口のすぐ横に局があって無事に訪問できたのですね。

いつの話だとか?どこだとか野暮なことは聞かないでほしい。そんな昔のことなんて、いまはどうでも良いし。
まあ、そんなこともあったなと今になっては笑えるかもね。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kikulandiargo
kikulandiargoです。

カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク