憧れのそばへ

二郎系蕎麦?

最近、二郎系蕎麦というのか?ドカ盛のラー油入りの蕎麦のブームが来てます。


最初、インスパイア的な店から入ったのですが、その始祖というか伝説のお店へ行ってみたいと願ってました。

ちょうど所要先の近くに、名店があるというので行きました。

昼間は行列と聴いてましたが、夜は空いててすんなり入れました。

食べログとかで場所や外観は見ておいたのですが、行ってみたら本当に素通りしそうなくらいに築かない。というか看板が出てないから本当にここかと疑ったくらい。

食券式ではなく、カウンターで前金式でした。

立ち食い式なのですが、真ん中に大きな四角いテーブルがあるだけで、囲むように食べる訳です。というか、店内が暗くてなんか闇鍋的な怪しさ。

ラー油入りの濃厚な汁、溢れすぎる胡麻の香ばしい香り、アゴに堪える硬い食感。たまりませんな!

うどんも歯ごたえのある、讃岐や武蔵野タイプが好きですので、硬い面の方がむしろ好き。

そして、何よりこれでもかと盛られた胡麻がもうたまりません!!

さらに、ラー油入りの濃厚なそばつゆ。何度つけても薄まらないのですが、その割には甘めなのが驚きますな。


一般的なそば屋や立ち食いの店とは一線を画す新タイプのそば屋ですな。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kikulandiargo
kikulandiargoです。

カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク